押さえつける鉄板と流れる汗

「冒険」について、どう思う?「ハイボール」って、みんなにはどんな感じで思われているんだろう。べつに考察してみるわけじゃないんだけどね。

どんよりした月曜の夕暮れはお菓子作り

山梨県は、果物の郷と言われるくらい、果物の生産が行われている。
日本でもなかなか無い海のない県で背の高い山に囲まれている。
ということから、漁業もできなければ、稲作もあまり盛んではない。
そこで、山梨県を治めた殿様、柳沢吉が果物つくりをすすめたのだ。
他の県よりも有名な優れた名産が欲しかったんだと思う。
山と山の間の水はけの良さと、山国ならではの昼夜の気温の差は立派な果物を生産する。

一生懸命叫ぶあいつとわたし
「富士には月見草がよく似合う」と言う名言を残したのは文豪の太宰治だ。
太宰はバスに乗り、御坂峠を通り、現在の甲府市まで行く途中だった。
そこでたまたま一緒に乗ったおばあちゃんが「月見草」とつぶやく。
それに、振り返った太宰治の目に映ったのが、月見草、その隣に富士の大きな裾野である。
富岳百景のこの話は、日本一の名山を理解するときに欠かさない。
多くの芸術に人気の、3776mの名山だ。
どの位置から見ても同じく、整った形をしているために、八面玲瓏と言う形容が似合うと言われる。
なるほど、と思う。
私が感動したのは、河口湖から見る富士山だ。

一生懸命泳ぐ先生と観光地

辺ぴなところに住んでいると、インターネットでものがお手軽に買えるようになったのが、非常に簡単だ。
それは、大型の本屋が市内に一軒だけしかなく、品ぞろえもひどいから、買いたい雑誌も手に入らないからだ。
取り寄せるよりはネットショップで購入するほうが簡単だ。
それは、書店に行くのにバイクで30分以上かかるから非常にめんどうだ。
ネットショップに手慣れたら、本以外もインターネットで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが確実に安価だし、型番商品は絶対にオンラインショップ買いだ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

陽気に熱弁する先生と読みかけの本
よく一緒にいるちかこは賢いやつ。
頭が良いんだなーと思う。
何としてでも他者を否定したりはしない。
違うんじゃない?と感じても、少しでも相手の考えも重視する。
なので、視野が広がるし、強くなれるのだ。
意見を譲らないよりも、こうしている方がチカコにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、悪いことが起きても経験値にするやり方をとても理解している。

具合悪そうにダンスする先生と電子レンジ

お気に入りのアーティストはいっぱい居るけれど、この頃は日本以外の曲ばかり流していた。
しかし、日本の歌手の中で、ファンなのがcharaだ。
CHARAは凄い数の作品を世に送り出している。
代表作なのは、シャーロットの贈り物、月と甘い涙、罪深く愛してよなど。
私たちの国、日本さまざまなアーティストが知られているがチャラは彼女は負けない個性がぴかっと見られる。
日本には、海外でも活躍する歌手もたくさんいるが、彼女も人気が出るような感じがする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
このようなフレーズが浮かぶことに尊敬だ。
だいたい曲作りも行っていて私の意見としては想像力が豊かでカリスマ的な魅力がある存在だ。
judy and maryのyukiとコラボしてTOP10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高。
2人とも可愛かったから。
誰だって一度は思う、思われたいような事を、工夫して一言で表現している。
キャッチフレーズコンテストなどに参加してほしい。

雲が多い月曜の午後は昔を思い出す
かなり昔、体調が悪いのに、食事と、睡眠の質が良くなかったので、シミが多くなった。
これはヤバいと思い立って、生活習慣を意識し、肌ケアにいい事をしようと情報収集をした。
大いに推進されたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
今でも毎朝飲む。
レモンよりもビタミンが多く摂取できるらしい。
健康と美肌は何と言っても果物から形成されるのかもしれない。

どしゃ降りの平日の明け方は友人と

娘の3歳の誕生日が近いので、誕生日プレゼントをどういったものに決めようかを悩んでいる。
妻と話して、体を使って遊ぶアスレチック系か頭を使うものか着るものなどにするかを決めようとしている。
考えるがなかなか決められないので、実際に見に行って決めることにしたけど、これだというものがなかった。
だけれど、こどもに触らせてみたら、すぐに決まった。
すべり台に夢中になったから、それに決めた。
ただ、今の借家が狭いので、場所をとらないコンパクトなものに決めた。
値段もなかなか安かったので、よかった。

暑い平日の夕方に椅子に座る
店内の客は、だいたい買い物目的の日本人という状態だったので、その雰囲気にも驚いた。
その上お客様は、ほぼ買い物目的の日本人という感じだったのでその光景に驚いた。
それは、韓国コスメは肌が喜ぶ成分が豊富に含まれているらしい。
もちろん、美容グッズにも感動はあったけれどショップの店員さんの日本語にも感心した。
簡単な会話なのかもしれないが、日本語がそこそこ上手い。
私たちは、過去に勉強した韓国語を使用できると思って行った韓国だったが、必要ないくらいに。
会話の機会があれば、しっかり学べば外国語をマスターできるということを教えてくれた旅行だった。

天気の良い休日の夜はこっそりと

やりたくはなかったけれど、運動もある程度でもやらなくてはとこのごろ思う。
職務が異なるものになったからか、最近、体力仕事がめちゃめちゃ少なくなり、体脂肪がたいそう上がった。
それと、30歳になったのも関係しているかもしれないけれど、お腹周りに脂肪が増えてきて、大変見苦しい。
少しは、スポーツしないとだめだ。

息絶え絶えで口笛を吹く友達と電子レンジ
なにかしら縫物の為の生地はばかにならない。
わが子が幼稚園に通いだすので、色々と手作りの袋が持っていかなくてはならないなのに、しかし、なんだか生地が価格が高かった。
特に、固有のキャラクターものの布なんて、大変金額がいった。
あんまり種類も無いのにキャラクターものの縫物用の布がものすごく価格が高かった。
使う形ののきんちゃく袋を購入した方が早いし、簡単だけれど、かたいなかなので、園で必要な袋はみんな、母親が縫ったものだし、周辺に販売していない。